商標単体キーワードで上位表示を狙うのは悪いこと?

今日はサイトアフィリをすでにある程度
やられている方むけのお話です。

当たり前ですが記事を書いたりするときには必ず
「キーワード」を意識した書き方をします。

キーワードとは検索するユーザーが
検索エンジンの検索窓に打ち込むワードのことです。

打ち込まれたワードで上位表示できていれば、
当然自分のサイトにユーザーが訪問する
可能性が高くなります。

時には商品名をそのままキーワードとして、
商品レビュー記事などを執筆することもあります。
これを「商標キーワード」なんて呼んでいます。

商標キーワードは商品が気になっている人が
打ち込むワードでもあるので、
それで上位に表示されれば成約率も非常に高くなります。

私の作っているサイトでは商標キーワードも、
そうではない集客ワードも複合的に
組み合わせながら作っています。

サイトのパワーが強くなるほど商標キーワード単体でも
1位に表示されたりする可能性は高くなってきます。

そうなると売上の件数はさらに伸びてくるので、
サイト運営側としてはいい流れのように感じます。

しかし最近ASPや広告主の間では
そんな商標キーワードで上位表示されているサイトを
毛嫌いする傾向があるようです。

というのも現在私の方でA8にて
特別単価交渉中の商品があるのですが、

「単体での検索ワードで1位表示となっており、
そちらが少々懸念材料となって最高単価を出せない」

等と言われ少々四苦八苦しております。

本音としては商標キーワードで上位にいっても、
ユーザーは公式ではない使用者の意見を参考に
商品を買いたい!と思ってアフィリリンクを踏んで買う
わけですから毛嫌いしなくてもいいじゃん!と思いますが(笑)

ただ、ASPによっては特にそういったことを
言ってこないところもあります。

経験上最も厳しいのはA8。
ゆるいのはアフィリエイトB、アクセストレードなど。

クローズド系のASPはA8ほどではないものの
おそらく少し厳し目かと。

私の考えとしては商標キーワードで上位を狙うのは
全く悪いことではないと思っています。
売れるんだからガンガン攻めるべき。

商標キーワードだから云々言ってくるASPの商品は
扱いはするものの優先順位を下げてしまって、
そうではなく好条件を出してくれる
ASPとの付き合いを深めた方がいいでしょう。

件数がいくら出ても単価が上がらない商品では、
大きく稼ぎを伸ばすのは難しいですから。

商品名をキーワードに含めないレビュー記事を
書くわけにもいかないですし、
サイトに力がついたら自然に上位にきてしまいます。

どうせやるならやはりこの流れを上手く活用して
成約件数を稼いでいくのが今は有効ですね。

ただ、今後他のASPでもA8のように言われてしまうなら、
完全に流れが変わってしまうので、
それはその時対策を考えればいいでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です